• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

砂糖は確かに虫歯菌の餌であるが、虫歯になる原因ではない

皆さんは、虫歯になったことはありますか?おそらくほとんどの方が、虫歯になった経験をお持ちかと思います。 虫歯の原因は、主に食生活や生活習慣にありますが、同じ食生活でも虫歯になりやすい人となりにくい人がいることはご存知でしょうか。 なぜなのか、詳しく調べてみましょう。

正しい歯磨きの仕方

一口に歯磨きと言っても、そもそも正しい歯磨きって何?と思われる方もいるかもしれませんね。歯科医院で指導された通りに磨いているつもりでも磨き残しが出るほど、実は歯磨きは意外に複雑なものなのです。 虫歯になりにくくするために、正しい歯磨きの方法を身につけましょう。

虫歯は削れば良いものではない

虫歯になったら歯科医院に行って診てもらいますよね。 一昔前でしたら、削って治して終了という治療でしたが、今はそのような治療では根本的な解決法にならないという考え方になってきています。 虫歯は治療した後のケアが重要なのです。予防歯科と合わせて考えてみましょう。

口腔内を酸性に傾けるのは、砂糖に限ったことではない

砂糖は虫歯菌の原因と言われてますが、それは糖分の過剰摂取によるものが大きいと思います。
一日三食普通に食べているのであれば、それほど問題はありません。では何が問題かと言えば「間食」の量です。
スナック菓子やナッツも一掴み分くらいなら大丈夫かと思いますが、一袋分になりますと、軽い主食分くらいのカロリー計算になるので注意が必要です。
調味料にも糖分は含まれていますし、ご飯やパンなどの炭水化物も、糖質が多く含まれています。その上お菓子も茶碗一杯分ほどの糖分を摂取してしまえば、糖質過多の食生活とみて間違いないと思います。それにアルコールも加わったら最強ですね。
しかし同じ生活環境でも、虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。
一番はやはり口の中が汚い状態で過ごす時間が長いと虫歯になりやすくなります。その他にも、歯並びや嚙み合わせに問題がある人や、歯の質が弱い人も虫歯になりやすいと言われています。歯並びや嚙み合わせが悪いと、歯磨きをしていても磨き残しが出来て歯垢がたまりやすくなり、気が付かないうちに歯石が増え、口腔内が最近の温床になってしまうことが多い傾向があります。
一口に、砂糖が虫歯の原因であると言って間食をいっさい無くしても、虫歯にならないわけではありません。虫歯の敵は砂糖ではなく、むしろ自分自身であるとも言えます。食べ方と量さえ気をつければ、虫歯にならないようにすることは出来るので、正しい生活習慣を身につけましょう。